さとうグループの環境活動

よりよい環境のために

私たちは、お客様の豊かなくらしの実現を目ざすと共に、地球環境にやさしい生活提案に努め、環境保全活動をすすめております。

私たち さとうグループは、商品の生産からお客様が消費されるまで、日々の取り組みを常に発展させ、一歩ずつ着実に、環境負荷の低減に努めています。

環境理念

私たち さとうグループは、環境活動が重要であることを認識し、お客様とともに地域社会に根ざした循環型社会の形成に努めます。

環境方針

  1. 環境関連の法規制を遵守し、環境目的・目標を定め、環境保全の質の向上を継続的に図ります。
  2. 省資源・省エネルギー・リサイクル・廃棄物の削減にすべての店舗・事業所で取り組みます。
  3. より環境負荷の少ない商品・サービスの提供に努めます。
  4. 環境教育により、従業員の意識向上を図り、従業員がそれぞれの立場で環境問題を考え、役割を自覚し、行動するよう努めます。
  5. お客様とともに環境保全に努め、広く情報を公開します。

環境への取組みのあゆみ

創業~1980年代
1959年
  • ダンボール古紙のリサイクル事務用紙・古封筒の再利用を開始。
1975年
  • 食用廃油のリサイクルを開始。
1980年
  • チラシ用紙に再生紙を使用。
1982年
  • お買物袋持参運動を開始。
1989年
  • 環境にやさしい商品の販売開始
1990年代
1990年
  • お中元、お歳暮等贈答品の簡易包装開始。
  • 青果物、塩干物バラ売りスタート。
  • 通い箱(プラスチックコンテナ)による物流開始。
1991年
  • グリーンプログラム委員会(現在は「環境保全推進プロジェクト」に名称変更)の発足。
  • 牛乳パックリサイクル運動開始。
  • 食品トレー(発泡スチロールトレー)リサイクル運動開始。
  • 事務用紙、名刺、社内箋、ショッピングバッグ、包装紙、レシートに再生紙使用。
1992年
  • 発泡スチロール箱の減容リサイクルを開始。
  • ラップフィルム・卵容器を環境負荷の少ないポリエチレンに変更。
  • 篠山町(現在の丹波篠山市)で開催された「兵庫県環境づくり県民大会」において、当社の環境保全の取組みを展示紹介。
1996年
  • 環境庁広報誌「かんきょう」に当社の環境保全の取組みについて紹介される。
かんきょう
1997年
  • ペットボトルリサイクル運動開始。
  • 地域経済新聞で啓発をはかる。
1998年
  • 牛・豚の肉脂を飼料にリサイクル開始。
  • 衣料品ハンガーの再利用開始。
1999年
  • レシート、伝票類のリサイクル開始。
2000年代
2000年
  • 生ゴミリサイクルのテスト開始。
  • ショッピングバックの無料配布によりお買物袋持参運動の推進。
2001年
  • アイドリング・ストップ運動開始。
2004年
  • 生ゴミを自然発酵堆肥にリサイクル開始。
2005年
  • 生ゴミをリサイクルした自然発酵堆肥をさとうプライベートブランドとして発売。
2006年
  • 「省エネ活動」全社で推進。
2007年
  • 環境推進課を新設。
  • 環境活動への取り組みを紹介した「環境リーフレット」の配布。
  • 買物袋持参運動の強化とレジ袋の軽量化を推進。
2008年
  • 生ゴミ(魚アラ)の飼料化にリサイクル開始。
  • 姫路市におけるレジ袋削減に向けた取組みに関する協定を締結。
2009年
  • 食品トレーのリサイクル推進の為、透明容器のリサイクル回収開始。
  • 加西市におけるレジ袋削減に向けた取組みに関する協定を締結。
2014年
  • 食料品販売店(一部店舗を除く)で、ペットボトル リサイクル回収開始。
2018年
  • アイスクリームの陳列ケースに、省エネ効果が高いリーチインケース(扉付き冷凍ケース)を導入。
2019年
  • エネルギー使用量の削減を図るとともに、CO2排出量削減にも貢献するシステム「エコストアー」を導入。
2020年
  • 2020年6月30日(火)をもってレジ袋無料配布を中止し、7月1日(水)よりレジ袋有料化開始。
  • 効率的なエネルギー使用のため、57店舗に節水装置を設置。
2021年
  • ペットボトルのキャップを「世界の子どもにワクチンを日本委員会」を通じてポリオワクチン寄付への取組みを開始。