食品加工・総合物流センターについて

さとうグループ神戸総合物流センター(三菱地所株式会社様 ロジクロス神戸三田)

近畿広域へのアクセスが良好な兵庫県神戸市北区に2017年7月、開設しました。およそ2万平方メートルの敷地に、最新鋭の設備を完備した2フロア構成のセンターで、精肉・鮮魚・惣菜の加工・配送機能と、常温商品の在庫型配送機能、および生鮮食品・チルド商品・常温商品の通過型配送機能をあわせもち、最大50店舗むけに商品を供給することが可能です。

神戸総合物流センターでは、「お客様の豊かで健康的な食生活」を促進するため、温度管理・衛生管理・安全管理の徹底、最新設備の導入、そしてベストな作業パフォーマンスの実現にむけたIT化など、グループをあげて取り組みを続け、近畿一円に向けて安全で安心な商品の供給業務に、年中無休で努めています。

(株)フレッシュクリエイター 福知山サプライセンター(株)フレッシュクリエイター 福知山サプライセンター(株)フレッシュクリエイター 福知山サプライセンター

FSSC22000認証取得 (株)フレッシュクリエイター 福知山サプライセンター(さとうグループ生鮮食品製造・加工・品質管理センター)

京都府福知山市郊外(長田野)にあり、業務提携先を合わせ約770名の従業員が勤務しています。
このセンターでの精肉、鮮魚、惣菜、青果の1日の出荷数は約10万パックでお客様に新鮮で良質な食料品を提供し、品質管理を徹底することを目的として2012年8月に旧愛彩フレッシュセンターを増築して開設しました。   

●安全で安心な食品の提供のために

<品質管理室>安心安全をお届けするために、「鮮度管理」・「品質管理」・「衛生管理」など徹底した管理システムを採用し、万全を期しています。

<放射性物質自主検査室>お客様に安心して商品をお買い求めいただくため、福知山サプライセンターの放射性物質自主検査室に放射性物質測定器(NaIシンチレーションスペクトロメータ)を設置し、生鮮食品やお米を中心に、商品に含まれる放射性物質(セシウム134、セシウム137)の自主検査を実施しております。

<食品の安全に関する規格「FSSC22000」の認証を取得>『FSSC22000』は、国際的な食品安全に関する規格のひとつで、原材料の品質管理や製造工程の危害分析、およびそれらに対応した管理手法の設定により食品の安全性を確保するマネジメントシステム規格です。
さとうグループでは、FSSC22000の認証取得を通じて、安全で安心な食品の提供を行える管理体制を確立し、今後もお客様の豊かで楽しく健康的な食生活の提案と実現のために取り組んでまいります。

(株)フレッシュクリエイター 福知山サプライセンター(株)フレッシュクリエイター 福知山サプライセンター(株)フレッシュクリエイター 福知山サプライセンター

さとうグループ福知山総合物流センター(株式会社日本アクセス様 福知山ATPLセンター)

物流効率の大幅な改善を目的に、2001年6月、京都府福知山市郊外(長田野)に開設しました。加工食品・菓子・酒等の在庫型商品およびアイスクリーム・冷凍食品などのフローズン商品をさとうグループ各店舗に配送する大型の流通センターです。2015年10月には、同じ福知山市郊外の別エリアに衣料品・日用雑貨などの通過型商品を店舗へ供給する「福知山第2センター」を開設し、合わせて2センター体制で稼働しています。

さとうグループ福知山総合物流センター

デリシャスセンター(さとうグループパン製造センター)

手づくりで美味しい さとうグループオリジナル・プレミアムブレッド「パンクック」ブランドの商品を製造し、各店舗へ供給しています。2001年6月よりさとうグループ福知山総合物流センター内で稼働していましたが、2015年7月、供給能力を大幅に増強して、京都府福知山市東野町に移転し稼働しています。

さとうグループ福知山総合物流センター