栄養管理士・食育健康アドバイザーの おすすめレシピ

料理の基本肉・魚の冷凍保存方法

たくさん買いすぎたり、余ってしまった肉や魚もひと工夫を加えれば、おいしく冷凍保存ができます。

冷凍保存のコツ
  • こまぎれ肉・薄切り肉
    こまぎれ肉・薄切り肉

    ◎こまぎれ肉:使いやすい分量を小分けにしてラップで包む。
    ◎薄切り肉:1、2枚ずつラップに包む。
    どちらも、下味をつけて保存してもよい。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:冷蔵庫、または電子レンジで解凍。

  • 厚切り肉
    厚切り肉

    厚切り肉:1枚ずつラップに包む。
    下味、衣をつけて冷凍すると調理が早い。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:冷蔵庫、または電子レンジで解凍。

  • ひき肉
    ひき肉

    そのまま冷凍するか、そぼろ、ハンバーグたね、ぎょうざたねなど用途別に下ごしらえしたものを冷凍。保存袋などに入れ、薄く広げ菜箸などで軽く線を入れておくと、使う分だけ折って使用できて便利。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:冷蔵庫、または電子レンジで解凍。

  • ハム・ベーコン・ウインナーなどの加工品
    ハム・ベーコン・ウインナーなどの加工品

    ハムやベーコンは1枚ずつラップに包む。使いやすい大きさに切っておいてもよい。ウインナーは買ったときの包装袋のまま冷凍も可能。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:解凍せずにそのまま加熱調理してもよい。

  • 一尾魚
    一尾魚

    内臓とエラをとって塩をすり込む。水気をふき取りラップに包み保存袋に入れて冷凍。加熱後に冷凍する場合、骨や皮を取り除いて身だけを冷凍する。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:冷蔵庫で解凍。

  • 切り身魚
    切り身魚

    よく水気をふき取って1切れずつラップに包み、保存袋に入れて冷凍。マグロは色が変わりやすいため、しょうゆ漬けにするとよい。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:冷蔵庫で解凍するか、凍ったまま調理する。

  • 干物
    干物

    1枚ずつラップに包み、保存袋に入れて冷凍。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:解凍せずにそのまま加熱調理してもよい。

  • 貝類
    貝類

    殻付きのものは砂抜きをして、よく水気をふき取ってから保存袋に入れて冷凍。
    保存期間:約3週間。
    解凍方法:解凍せずにそのまま加熱調理してもよい。

  • 生いか
    生いか

    下処理(胴体と足部分を分け、ワタと軟骨を取り除く)をしたものに、酒を少々ふり、使いやすい大きさにカットして冷凍。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:冷蔵庫で解凍。

  • たらこ・明太子
    たらこ・明太子

    一腹ずつラップに包み冷凍。
    保存期間:約2週間。
    解凍方法:冷蔵庫で解凍。加熱する場合は凍ったままでも可能。